コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越前竹人形

デジタル大辞泉プラスの解説

越前竹人形

1963年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、原作:水上勉、脚色:笠原良三、美術:西岡善信。出演:若尾文子、山下洵一郎、中村玉緒中村鴈治郎殿山泰司伊達三郎、浜村純ほか。第18回毎日映画コンクール美術賞、女優助演賞(中村玉緒)受賞。

越前竹人形

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1973年1~2月放映(全37回)。原作は水上勉の同名小説。出演:司葉子、池田秀一ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

越前竹人形[竹工]
えちぜんたけにんぎょう

北陸甲信越地方、福井県の地域ブランド。
福井県坂井市及びその周辺地域で生産される竹製人形。厳しい寒さに耐えた良質の真竹孟宗竹は、雪国・福井県越前の特産品である。この良質の竹を利用して古くから籠や花器などがつくられていた。越前竹人形は1952(昭和27)年頃、師田保隆・三四郎の兄弟が、竹の切端を利用して色々な人形を試作したことから始まった。福井県郷土工芸品。2007(平成19)年3月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5029305号。地域団体商標の権利者は、越前竹人形協同組合。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

越前竹人形の関連キーワード福井県坂井市丸岡町上久米田水上勉(みずかみつとむ)吉村 公三郎福井県坂井市松村 彦次郎小林トシ江中村嘉葎雄西川鯉三郎早坂久子金野恵子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越前竹人形の関連情報