コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村弥平太 まつむら やへいた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村弥平太 まつむら-やへいた

?-1708 江戸時代前期-中期の陶工。
対馬(つしま)(長崎県)府中藩につかえ,元禄(げんろく)年間,4回にわたって藩の朝鮮釜山倭館窯に燔師(はんし)(陶工頭)として派遣された。対州御本,白手弥平太と称される茶碗などをつくる。山桜嵐関と号して狂歌もよくした。宝永5年6月8日釜山で死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松村弥平太の関連キーワードルニャールダオメー王国ダオメー王国マゼーパフリードリヒ2世和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵お染久松

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android