コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村弥平太 まつむら やへいた

1件 の用語解説(松村弥平太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村弥平太 まつむら-やへいた

?-1708 江戸時代前期-中期の陶工。
対馬(つしま)(長崎県)府中藩につかえ,元禄(げんろく)年間,4回にわたって藩の朝鮮釜山倭館窯に燔師(はんし)(陶工頭)として派遣された。対州御本,白手弥平太と称される茶碗などをつくる。山桜嵐関と号して狂歌もよくした。宝永5年6月8日釜山で死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松村弥平太の関連キーワード和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵お染久松革堂十文銭代物替え関孝和智月尼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone