コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本奎堂 まつもと けいどう

8件 の用語解説(松本奎堂の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松本奎堂

幕末の志士。三河生。名は衡、字は士権、通称を謙三郎。学問を奥田桐園に受け、のち昌平黌に学ぶ。名古屋・大坂で塾を開き、のち上洛して藤本鉄石吉村寅太郎らと交わる。天誅組の総裁の一人として声明文を起草し、大和に兵を挙げる。文久3年(1863)歿、33才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつもと‐けいどう〔‐ケイダウ〕【松本奎堂】

[1831~1863]幕末の尊攘派の志士。三河の人。通称、謙三郎。昌平坂学問所に学び、のち大坂に家塾を開いた。中山忠光らと天誅組を組織して大和に挙兵したが、8月18日の政変で賊名を受けて敗死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本奎堂 まつもと-けいどう

1832*-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年12月7日生まれ。三河(愛知県)刈谷(かりや)藩士。尾張(おわり)名古屋藩儒奥田桐園(とうえん)に,ついで昌平黌(しょうへいこう)でまなび,江戸藩邸の教授兼侍読となる。文久3年天誅(てんちゅう)組を組織して藤本鉄石,吉村虎太郎(とらたろう)とともに総裁となり大和五条に挙兵したが,同年9月25日吉野郡鷲家(わしか)口で戦死。33歳。本姓は印南(いんなみ)。名は孟成,衡。字(あざな)は士権。通称は謙三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松本奎堂

没年:文久3.9.25(1863.11.6)
生年:天保2.12.7(1832.1.9)
幕末の三河刈谷藩(愛知県)藩士,尊攘派志士。名は衡,通称謙三郎。父は印南維成,母はきか。松本氏の養子となる。18歳のとき槍術の稽古で左眼を失明。名古屋の奥田桐園,伊藤両村のもとで朱子学を修める。江戸に出て大槻磐渓,羽倉簡堂につき,嘉永5(1852)年昌平黌に学ぶ。安政6(1859)年名古屋,文久1(1861)年大坂に開塾,藤本鉄石,吉村虎太郎ら尊攘派志士と交わった。同3年8月,大和行幸の詔を機に討幕攘夷を計画し,中山忠光を奉じて天誅組を組織,藤本,吉村と共に総裁となる。大和五条の代官所を襲撃し租税半減を布告,十津川郷士と農兵を募るが,8月18日の政変で行幸は中止となり,紀伊・彦根藩兵により追討される。戦闘のなかで敵弾を右眼に受け,盲目となった。「君が為めみまかりにきと世の人に語りつきてよ峰の松風」の辞世を詠み,自刃。年33。<著作>『奎堂遺稿』『奎堂文稿』『大和日記』<参考文献>森銑三『松本奎堂

(三井美恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつもとけいどう【松本奎堂】

1831‐63(天保2‐文久3)
幕末の尊攘派志士。名は衡,通称謙三郎,奎堂は号。三河刈谷藩士松本印南の次男。選ばれて昌平黌に学び,江戸藩邸で教授兼侍読となる。1861年(文久1)大坂に出て双松岡学舎を開塾。翌年には京都へ移り,藤本鉄石,吉村寅太郎らと交わる。63年8月藤本,吉村らと天誅組を組織して総裁の一人となり大和に挙兵するが,8月18日の政変後に諸藩兵の攻撃を受け,鷲家口の戦で戦死した。【高木 俊輔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつもとけいどう【松本奎堂】

1831~1863) 幕末尊攘派の志士。三河刈谷藩士。通称、謙三郎。昌平黌しようへいこうに学ぶ。京都で藤本鉄石らと交友、1863年天誅組総裁となって大和五条に挙兵したが敗れ死亡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本奎堂
まつもとけいどう

[生]天保2(1831).三河,刈谷
[没]文久3(1863).9.25. 大和,吉野
幕末の尊攘派志士。字は士権。通称,謙三郎。三河刈谷藩士印南維南の次男として生れたが,幼少から出て松本氏に養われた。 18歳のとき左眼を傷つけ,のち江戸に出て昌平黌に学んだ。帰藩してのち名古屋石町に家塾を開き,さらに大坂に出て昌平黌の同学松林飯山,岡鹿門 (千仭) と双松岡 (そうしょうこう) 学舎を開き,さらに京都に移って尊攘派志士と交わった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本奎堂
まつもとけいどう
(1831―1863)

幕末の志士。三河国(愛知県)刈谷(かりや)藩用人印南維成(いんなみこれしげ)の次男。松本氏に養われる。名は初め孟成、のち衡、通称謙三郎、奎堂は号。尾張(おわり)藩儒臣奥田桐園(おくだとうえん)に学び、のち江戸昌平黌(しょうへいこう)に学ぶ。1859年(安政6)名古屋に私塾を開設したが、2年後、大坂に出て昌平黌の同窓の松林廉之助(まつばやしれんのすけ)、岡鹿門(おかろくもん)と双松岡学舎(そうしょうこうがくしゃ)を開塾。塾生に盛んに尊攘(そんじょう)論を説く一方、京都で交わった吉村虎太郎(よしむらとらたろう)、藤本鉄石(ふじもとてっせき)らと討幕挙兵を計画。1863年(文久3)8月13日、大和行幸(やまとぎょうこう)の朝議決定により長州藩が討幕を実行する構えをみせるとそれに呼応し、14日、吉村、藤本ら同志30余名とともに天誅組(てんちゅうぐみ)を組織、吉村らとともに総裁となり大和五條(ごじょう)に挙兵した。しかし八月十八日の政変により事態は急変、朝議とりやめとなり追討を受け、鷲家口(わしかぐち)の戦いに敗死。著書に『奎堂文稿』『奎堂遺稿』がある。[奈倉哲三]
『森銑三著『松本奎堂』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本奎堂の関連キーワード松平忠房宍戸昌明愛知県刈谷市刈谷愛知県刈谷市銀座愛知県刈谷市城町愛知県刈谷市住吉町愛知県刈谷市田町愛知県刈谷市東刈谷町愛知県刈谷市元町林助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本奎堂の関連情報