コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永和楓 まつながわふう

大辞林 第三版の解説

まつながわふう【松永和楓】

長唄唄方家元。
(三世)(1837~1916) 清元の節回しを取り入れた独特な芸風で、明治期の名人といわれた。
(四世)(1874~1962) 和風と改名。初め三味線方、のち唄方に転じた。「鶴命会」を組織。昭和期の代表的唄方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の松永和楓の言及

【松永和風】より

…長唄の唄方。現在まで4世を数え,3世は和楓と記し,4世も一時期,和楓と記した。(1)初世(?‐1808(文化5)) 長唄松永派の流祖初世松永忠五郎の後名。松島茂平次の門弟。謡曲が巧みで,1774年(安永3)5月,市村座の《二人椀久(ににんわんきゆう)》で《井筒》のクセをうたい好評を博す。95年(寛政7),忠五郎を和風と改名する。(2)2世 2世松永忠五郎(?‐1857)の後名と思われる。(3)3世(1839‐1916∥天保10‐大正5) もと清元叶太夫(かのうたゆう)。…

※「松永和楓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

松永和楓の関連キーワード富士田 吉次(2代目)松永 和風(4代目)松永鉄五郎(6代)富士田音蔵(5代)松永和楓(3代)松永和風(4代)富士田音蔵節回し清元芸風三世