コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田秀次郎 まつだ ひでじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田秀次郎 まつだ-ひでじろう

1831-1896 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,神職。
天保(てんぽう)2年生まれ。越後(えちご)(新潟県)蒲原郡の庄屋笠原勘之助の養子。慶応3年高橋竹之助と京都にゆき,翌年郷里で方義隊を結成して新政府軍にくわわる。晩年は弥彦(やひこ)神社宮司(ぐうじ)。明治29年8月30日死去。66歳。名は義昌。号は胖仙,良知

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松田秀次郎の関連キーワード明治時代運動家天保尊攘神職

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android