コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田秀次郎 まつだ ひでじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田秀次郎 まつだ-ひでじろう

1831-1896 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,神職。
天保(てんぽう)2年生まれ。越後(えちご)(新潟県)蒲原郡の庄屋笠原勘之助の養子。慶応3年高橋竹之助と京都にゆき,翌年郷里で方義隊を結成して新政府軍にくわわる。晩年は弥彦(やひこ)神社宮司(ぐうじ)。明治29年8月30日死去。66歳。名は義昌。号は胖仙,良知

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松田秀次郎の関連キーワード明治時代運動家天保尊攘神職

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android