コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松野礀 まつの はざま

2件 の用語解説(松野礀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松野礀 まつの-はざま

まつの-かん

松野礀 まつの-かん

1846-1908 明治時代の林学者。
弘化(こうか)3年生まれ。ドイツのエーバースワルデ山林学校で森林学をまなぶ。内務省にはいり,山林局を創設。のち東京山林学校長,東京農林(のち帝国大学農科大学)教授,林業試験所長を歴任し,わが国の林学を創始した。妻は松野クララ。明治41年5月14日死去。63歳。本姓は大野。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松野礀の言及

【林学】より

… 日本では江戸時代の初めより木曾のヒノキ林における伐採,水運による搬出技術が発達し,18世紀ころより吉野林業などのスギ人工林造成技術も確立しているが,学問としての発達はない。日本の林学は,1875年に松野礀(はざま)(1847‐1908)がドイツで林学を習得して帰朝したときより始まる。彼は帰朝後,まず山林局の組織をつくり,その後,山林学校の創設(1882),林業試験場の設立(1905)など,日本の林業行政・教育・研究の基礎をつくった。…

※「松野礀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松野礀の関連キーワード川上不白(2)川瀬善太郎志賀泰山鈴木丙馬中村弥六西垣晋作藤岡光長三浦第二郎右田半四郎守屋物四郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone