コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松野礀 まつの はざま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松野礀 まつの-はざま

まつの-かん

松野礀 まつの-かん

1846-1908 明治時代の林学者。
弘化(こうか)3年生まれ。ドイツのエーバースワルデ山林学校で森林学をまなぶ。内務省にはいり,山林局を創設。のち東京山林学校長,東京農林(のち帝国大学農科大学)教授,林業試験所長を歴任し,わが国の林学を創始した。妻は松野クララ。明治41年5月14日死去。63歳。本姓は大野。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の松野礀の言及

【林学】より

… 日本では江戸時代の初めより木曾のヒノキ林における伐採,水運による搬出技術が発達し,18世紀ころより吉野林業などのスギ人工林造成技術も確立しているが,学問としての発達はない。日本の林学は,1875年に松野礀(はざま)(1847‐1908)がドイツで林学を習得して帰朝したときより始まる。彼は帰朝後,まず山林局の組織をつくり,その後,山林学校の創設(1882),林業試験場の設立(1905)など,日本の林業行政・教育・研究の基礎をつくった。…

※「松野礀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松野礀の関連キーワード松野 クララかん

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android