コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林学 りんがくforestry

翻訳|forestry

5件 の用語解説(林学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林学
りんがく
forestry

森林および林業を対象とする自然科学社会科学の2分野にまたがる応用科学。 18世紀のドイツで封建貴族の家政のための官房学に始り,その特質を継承しながら 19世紀前半に学問として体系化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんがく【林学 forest science】

森林および林業に関する技術および経済政策についての学問。すなわち森林に関する応用学であって,森林を造成することから始まって,その生産物の利用にまで及ぶ。日本では,1937,38年ごろから森林より収穫したものを利用する技術が進み,これに関係した諸部門が林産学として体系化し,林学から独立するに至った。したがってこれと対応して,森林を育成する部門を狭義の林学とする場合が多い。さらに近年は,森林を育成し経営する部門を林業学,これの基礎となる森林植物,林木遺伝,森林環境,林木生理などを総括して森林学とする方向にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林学
りんがく
forestry英語
Forstwissenschaftドイツ語

産業としての林業を対象とする科学および技術を研究する学問。その場合、林業にとって土地(森林)は、単に産業(木材生産など)の基盤としてだけでなく、国土・環境保全の役割をもつ森林としても重要である。したがって、林学は、国民の住生活などに必要な資材を提供する林業生産の維持発展を追究するとともに、人間生活と森林とのかかわり合いを調和あるものとさせ、森林資源の再生産を図ることを課題とする。林学は応用科学として自然科学(技術)と社会科学(経済)を結合させている学問で、技術の系統には造林学、森林保護学森林利用学、林産学、砂防工学が属し、経済の系統には林業経営学、林業経済学が含まれる。造林学は森林の維持造成を、森林保護学は森林被害の予防・駆除を、森林利用学は木材の伐採・搬出を、林産学は木材の物理的・化学的性質およびその利用方法を、砂防工学は森林の理水・砂防を取り扱い、林業経営学は林業の長期生産計画とそのために必要な調査方法を、林業経済学は林業の経済政策とその政策原理を研究対象とする学問である。
 林学としての学問が体系化されたのは19世紀初頭のドイツにおいてである。ドイツ諸王侯が領有する財産の有効な管理運営の研究に始まり、木材生産の平均的・保続的な収穫実現を目ざす経営技術の確立が林学を独立科学として分化させた。わが国で林学専門の大学教育が発足するのは、帝国大学農科大学(現東京大学農学部)に林学科が設けられた1890年(明治23)のことで、ドイツのターラント林科単科大学創立80年後である。その後、明治末から昭和初めにかけて全国各地の大学に林学科が開設される。その後、科学技術の発展とともに林学から独立して林産学を形づくるようになり、1950~65年に林産学科が新設された。さらに、1990年(平成2)を前後して、全国の農学部は一斉に明治以来初めての、きわめて大幅な改革と編成替えを断行した。多くの大学で複数の学科が統合され、その結果、林学、林産学の学科名称が消えた。また、学科の規模が維持できたところでも、産業としての林業学の意味合いよりも、森林環境学を前面に出した森林科学が一般名称となった。[笠原義人]
『大政正隆監修『森林学』(1978・共立出版) ▽木平勇吉編『森林科学論』(1994・朝倉書店) ▽只木良也著『森林環境科学』(1996・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林学の関連情報