コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松露庵烏明 しょうろあん うめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松露庵烏明 しょうろあん-うめい

1726-1801 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)11年生まれ。江戸の人。白井鳥酔(ちょうすい)にまなび,鳥酔とともに各地を吟行した。2代松露庵の昨非窓(さくひそう)左明の没後,宝暦10年師のすすめで3代をついだ。享和元年6月19日死去。76歳。別号に木耳(もくじ)庵,東海坊など。編著に「松露庵随筆」「俳諧(はいかい)故人五百題」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松露庵烏明の関連キーワード加舎白雄烏明

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android