松露庵烏明(読み)しょうろあん うめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松露庵烏明 しょうろあん-うめい

1726-1801 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)11年生まれ。江戸の人。白井鳥酔(ちょうすい)にまなび,鳥酔とともに各地を吟行した。2代松露庵の昨非窓(さくひそう)左明の没後,宝暦10年師のすすめで3代をついだ。享和元年6月19日死去。76歳。別号に木耳(もくじ)庵,東海坊など。編著に「松露庵随筆」「俳諧(はいかい)故人五百題」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android