コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井鳥酔 しらい ちょうすい

2件 の用語解説(白井鳥酔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井鳥酔 しらい-ちょうすい

1701-1769 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)14年生まれ。もと上総(かずさ)(千葉県)地引村の代官。江戸で佐久間柳居(りゅうきょ)にまなぶ。松尾芭蕉の旧跡を遊歴し,晩年は相模(さがみ)(神奈川県)大磯(おおいそ)の鴫立(しぎたつ)庵ですごした。明和6年4月4日死去。69歳。名は信興。通称は喜右衛門。別号に百明台,松原庵など。編著に「夏山伏」「冬扇一路」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

白井鳥酔

没年:明和6.4.4(1769.5.9)
生年:元禄14(1701)
江戸中期の俳人。幼名は喜六。名は信興。通称喜右衛門。初号は西奴。別号は松露庵ほか多数。上総国(千葉県)埴生郡地引の支配代官を勤める家に生まれ,享保6(1721)年家督を継いだが,同10年罷免され,隠居剃髪して出府,俳諧に専念する。初めは岸本調和立羽不角系の俳諧に遊んだが,五色墨派の佐久間長水(のち柳居)の門に帰した。生涯風雲を友とし,諸国を巡り,松尾芭蕉や先師柳居の遺業を顕彰,多くの俳書を出版した。その門から中興名家のひとり加舎白雄を出している。代表句は「面白い夢見る顔やねはん像」など。<参考文献>天野雨山『俳豪鳥酔』

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白井鳥酔の関連キーワード舎羅徳力善水横山隆達陸雲子岱久鬼貫素堂太祇風俗文選凡兆笠井魚路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone