コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井鳥酔 しらい ちょうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井鳥酔 しらい-ちょうすい

1701-1769 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)14年生まれ。もと上総(かずさ)(千葉県)地引村の代官。江戸で佐久間柳居(りゅうきょ)にまなぶ。松尾芭蕉の旧跡を遊歴し,晩年は相模(さがみ)(神奈川県)大磯(おおいそ)の鴫立(しぎたつ)庵ですごした。明和6年4月4日死去。69歳。名は信興。通称は喜右衛門。別号に百明台,松原庵など。編著に「夏山伏」「冬扇一路」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

白井鳥酔

没年:明和6.4.4(1769.5.9)
生年:元禄14(1701)
江戸中期の俳人。幼名は喜六。名は信興。通称喜右衛門。初号は西奴。別号は松露庵ほか多数。上総国(千葉県)埴生郡地引の支配代官を勤める家に生まれ,享保6(1721)年家督を継いだが,同10年罷免され,隠居剃髪して出府,俳諧に専念する。初めは岸本調和・立羽不角系の俳諧に遊んだが,五色墨派の佐久間長水(のち柳居)の門に帰した。生涯風雲を友とし,諸国を巡り,松尾芭蕉や先師柳居の遺業を顕彰,多くの俳書を出版した。その門から中興名家のひとり加舎白雄を出している。代表句は「面白い夢見る顔やねはん像」など。<参考文献>天野雨山『俳豪鳥酔

(加藤定彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

白井鳥酔の関連キーワード松露庵烏明下河原雨塘昨非窓左明大伴大江丸榎本星布尼小河原雨塘会田吾山森田友昇熊沢鳥酔杉坂百明

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android