コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉重郷 いたくら しげさと

美術人名辞典の解説

板倉重郷

江戸初期の藩主。下総関宿藩板倉家第二代当主。京都生。従五位下。長門守・阿波守。京都生。武芸を怠らず、将軍家光より馬一匹を与えられる。明歴3年(1657)襲封する。翌年奏者番、寺社奉行となる。寛文元年(1661)歿、43才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉重郷 いたくら-しげさと

1619-1661 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)5年生まれ。板倉重宗(しげむね)の長男。明暦3年下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩主板倉家2代となる。奏者番(そうじゃばん),寺社奉行をつとめた。弟重形(しげかた)に5000石と新田4000石を分与。寛文元年12月17日死去。43歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

板倉重郷の関連キーワード板倉重常

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android