コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉重宗 いたくら しげむね

8件 の用語解説(板倉重宗の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

板倉重宗

江戸前期の京都所司代・下総国関宿藩藩主。駿河国生。板倉勝重の長男。初名は重統、通称を十三郎・五郎八又右衛門。秀忠の将軍宣下に際して従五位下周防守に叙任され、大坂の両陣に従軍。書院番頭を経て京都所司代となり、父勝重と共に名所司代として知られた。明暦2年(1656)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いたくら‐しげむね【板倉重宗】

[1587~1656]江戸初期の幕臣。勝重の長男。父のあと京都所司代に就き、在職35年。厳正な裁判で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉重宗 いたくら-しげむね

1586-1657* 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)14年生まれ。板倉勝重の長男。将軍徳川秀忠の側近としてつかえ,父のあと元和(げんな)6年京都所司代となる。35年間在職。父とともに名所司代といわれ,父子2代にわたる政務の記録「板倉政要」がある。明暦2年下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩主板倉家初代。5万石。明暦2年12月1日死去。71歳。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

板倉重宗

没年:明暦2.12.1(1657.1.15)
生年:天正14(1586)
江戸前期の京都所司代,下総国関宿藩(千葉県関宿町)藩主。駿府(静岡)の生まれで,板倉勝重の長男,母は栗生永勝の娘。初め重統。通称十三郎,五郎八,又右衛門。周防守。徳川秀忠に近侍し,のち永井尚政,井上正就と共に秀忠の近侍の三臣と称される。慶長5(1600)年15歳で関ケ原の戦に従軍。10年,秀忠の上洛に供奉し,秀忠の将軍宣下に際して従五位下周防守に叙任される。大坂の両陣にも従軍。書院番頭を経て,元和6(1620)年致仕した父勝重のあとを受けて京都所司代となり,2万7000石余を領す。以来承応3(1654)年までの約35年間,江戸幕府の京都支配の中枢として所司代の職にあり,辞任後も後任牧野親成の補佐役として翌年まで京都に留まった。その間,遺領継承や加増によって5万石となる。明暦2(1656)年下総国関宿に転封となるが,同年12月死去。父勝重と共に名所司代として知られ,「後世にはありがたき賢臣」と評された。なお『板倉政要』および『板倉政要続篇』は,京都所司代を務めた板倉勝重,重宗父子の在職中の施政,あるいは裁判に関する記録や事績を,後世まとめたものである。

(大森映子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いたくらしげむね【板倉重宗】

1586‐1656(天正14‐明暦2)
江戸前期の京都所司代,下総国関宿城主。板倉勝重の長子。徳川秀忠に近侍,1605年(慶長10)秀忠将軍宣下に際し,従五位下周防守に叙任。書院番頭を経て,20年(元和6)父勝重のあとをうけ京都所司代となり,54年(承応3)まで35年間在職。退任後も後任所司代牧野親成を補佐し翌年まで在京。この間24年(寛永1)勝重の遺領1万石余を合わせ3万8000石を領し,33年1万2000石を加増された。56年下総国関宿に移封されるが,同年12月1日没す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いたくらしげむね【板倉重宗】

1586~1656) 江戸初期の幕臣。勝重の長男。1620年勝重のあとを襲って京都所司代となり、以後在職三十余年に及んだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板倉重宗
いたくらしげむね

[生]天正14(1586).駿府
[没]明暦2(1656).12.1. 下総,関宿?
江戸時代前期の京都所司代。勝重の嫡子。周防守。元和5 (1619) 年京都所司代に就任。承応3 (54) 年辞職。名所司代といわれた板倉氏の施政,裁断の大要を知るものとして『板倉政要』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板倉重宗
いたくらしげむね
(1587―1656)

江戸幕府初期、徳川家光(いえみつ)時代の京都所司代。周防守(すおうのかみ)。下総(しもうさ)国(千葉県)関宿(せきやど)城主で5万4000石。駿府(すんぷ)(静岡市)に生まれる。初め重統(しげむね)、十三郎、五郎八などと称した。1619年(元和5)父勝重(かつしげ)の後を継ぎ、父の声名を上回る名所司代となる。在任中は幕藩体制確立期にあたり、朝幕関係において幕府の威信を高めつつ平和的維持に努めた。京都の治政では強大な権限を与えられ、「牢人(ろうにん)」の追放、キリシタン禁圧、京都の民政に関する21か条の発布など業績が多い。また裁判ではつねに厳正な態度で臨み、『藩翰譜(はんかんぷ)』などにこの種の逸話を残している。54年(承応3)職を辞し、関宿城に転封され、同地で死去。[煎本増夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の板倉重宗の言及

【本朝桜陰比事】より

…浮世草子。井原西鶴著。1689年(元禄2)刊。5巻5冊。短編小説集で44の裁判説話を載せる。各章〈昔,京の町〉云々という書出しで始まり,洛中洛外に起こった事件を奉行が解決し,判決を下す説話で,推理小説でもある。奉行名は明示していないが,京都所司代板倉勝重・重宗の父子が想定できる。また,2人の裁判話として世に伝えられているものを含む。宋の桂万栄著《棠陰(とういん)比事》を模した書名で,同書や,板倉父子の裁判例を載せた《板倉政要》を素材に用いている。…

※「板倉重宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

板倉重宗の関連キーワード板倉氏板倉政要京都所司代禁裏付関宿関久世広明久世広之土井利里戸田忠昌牧野親成

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板倉重宗の関連情報