コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板暈 いたぼかし

百科事典マイペディアの解説

板暈【いたぼかし】

浮世絵木版画の色面をぼかす技法の一つ。ぼかす部分の版木をなめらかに削り,軽い傾斜をつけると,摺(す)ったときに自然なぼかしとなる。版木の平面をぬれ雑巾(ぞうきん)でふき,そこに絵具を引いて摺り上げる〈拭きぼかし〉もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android