雑巾(読み)ゾウキン

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうきん【雑巾】

ふき掃除などに使う布。〈布〉とも書く。約30cm四方の木綿布を数枚重ねて刺子さしこ)にしたものが代表的だが,このような雑が使われだすのは江戸時代中ごろからである。鎌倉時代ごろまではおもに棒雑巾が使われていた。長柄の先につけた30cmほどの横木に長さ50cmくらいの布をとりつけたものだが,これを当時何とよんでいたかは不明である。中国語では墩布(とんぷ)という。〈ぞうきん〉という言葉は室町あたりから出てくるが,これは禅林でいう〈浄巾〉のなまったものと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうきん【雑巾】

掃除用具の一。よごれたところをふいたり、こぼれた液体などをぬぐいとる布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雑巾の言及

【掃除】より

…掃除が日常語になったのは比較的新しいことらしい。掃除用具には,ほうき,ちりとり,はたき,雑巾などがある。このうち,ほうき,ちりとりは古くから使われたが,はたきは江戸時代になってからである。…

※「雑巾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

雑巾の関連情報