林 久男(読み)ハヤシ ヒサオ

20世紀日本人名事典「林 久男」の解説

林 久男
ハヤシ ヒサオ

明治〜昭和期のドイツ文学者 三高教授。



生年
明治15(1882)年5月

没年
昭和9(1934)年12月2日

出身地
長野県

別名
号=鷗南

学歴〔年〕
東京帝大文科〔明治41年〕

経歴
七高、二高、三高の教授を歴任し、大正11年文部省在外研究員として欧米留学。13年帰国し、教授の傍ら創作、評論をとった。著書に「芸術より生活へ」(11年)、「ゲーテ面影」(昭和3年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android