コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林厳雄 はやしいずお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林厳雄
はやしいずお

[生]1922.5.1. 東京
[没]2005.9.26. 東京
応用物理学者。世界で初めて常温で連続発光する半導体レーザーの開発に成功,光エレクトロニクス技術の基礎を築いた。1946年東京大学理学部物理学科卒業,同大学理工学研究所でマイクロ波回路などを研究したのち,1957年同大学原子核研究所助教授としてサイクロトロン建設にかかわる。1962年博士号取得。1963年渡米し,マサチューセッツ工科大学 MITを経てベル研究所に入り,半導体エレクトロニクスの研究を始める。1970年二重ヘテロ接合構造レーザーを同研究所のモートン・パニッシュと共同開発,それまで液体窒素温度あるいはパルスでしか発光できなかった半導体レーザーの常温連続発光に成功した。1971年に帰国し,日本電気中央研究所,通産省光技術共同研究所などで光デバイスの研究指導にあたった。ノーベル賞候補にあげられた。1946年藤原賞,1986年朝日賞,2001年京都賞など受賞多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

林厳雄の関連キーワードエレクトロニクス史(年表)光ファイバ通信光通信

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android