林海峰(読み)りん かいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林海峰 りん-かいほう

1942- 昭和後期-平成時代の囲碁棋士。
1942年5月6日中国上海生まれ。呉清源にみいだされて昭和27年台湾から来日。30年初段。京都の藤田梧郎の吉田塾にはいる。40年坂田栄男(えいお)をやぶり,23歳で名人となる。42年9段。名人位通算8期,本因坊5期,天元,十段などのタイトルを獲得。重厚な棋風で知られる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林海峰の関連情報