コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天元 テンゲン

デジタル大辞泉の解説

てん‐げん【天元】

万物生育のみなもとである、天の元気。
天子。君主。
碁盤の目の中央にある黒い星。
囲碁の七大タイトルの一。昭和51年(1976)創設。天元戦勝者がタイトルを手にする。

てんげん【天元】[年号]

平安中期、円融天皇の時の年号。978年11月29日~983年4月15日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんげん【天元】

万物が生育するみなもと。
碁盤の中央にある星。

てんげん【天元】

年号(978.11.29~983.4.15)。貞元の後、永観の前。円融天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんげん【天元】

日本の元号(年号)。平安時代の978年から983年まで、円融(えんゆう)天皇の代の元号。前元号は貞元(じょうげん)。次元号は永観(えいがん)。978年(貞元3)11月29日改元。天変による凶兆を振り払うとともに、翌年が「陽五(ようご)」の厄にあたるために行われた(災異改元)。980年(天元3)7月、平安京は暴風雨に見舞われ、羅城(らじょう)門が倒壊した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

天元の関連キーワード山形県米沢市李山七大タイトル戦グレンラガン韶子内親王成子内親王藤原こう子藤田貞資佐藤正興菅原輔昭橋本正数西吾妻山大倉亀洞災異改元熱海又治沢口一之発微算法川久保潔西脇利忠菅原文時佐藤茂春

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天元の関連情報