天元(読み)テンゲン

デジタル大辞泉の解説

てん‐げん【天元】

万物生育のみなもとである、天の元気。
天子。君主。
碁盤の目の中央にある黒い星。
囲碁の七大タイトルの一。昭和51年(1976)創設。天元戦勝者がタイトルを手にする。

てんげん【天元】[年号]

平安中期、円融天皇の時の年号。978年11月29日~983年4月15日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんげん【天元】

万物が生育するみなもと。
碁盤の中央にある星。

てんげん【天元】

年号(978.11.29~983.4.15)。貞元の後、永観の前。円融天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんげん【天元】

日本の元号(年号)。平安時代の978年から983年まで、円融(えんゆう)天皇の代の元号。前元号は貞元(じょうげん)。次元号は永観(えいがん)。978年(貞元3)11月29日改元。天変による凶兆を振り払うとともに、翌年が「陽五(ようご)」の厄にあたるために行われた(災異改元)。980年(天元3)7月、平安京は暴風雨に見舞われ、羅城(らじょう)門が倒壊した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐げん【天元】

[1] 〘名〙
万物が生育する根元である天の元気。万物生育のみなもと。
人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)初「常に二十五歳と云ひしが、実は今年六十一歳。これ天元(テンゲン)の帰数なれば」 〔史記‐暦書〕
天子君主
※曾我物語(南北朝頃)三「国をほろぼすてんけんも、さんせはきかずとこそ、うけたまはりて候へ」 〔後漢書‐陳忠伝〕
碁盤の中心にある星。中の聖目(せいもく)
※ひさとその女友達(1949)〈広津和郎〉一「『天元(テンゲン)に光あり』といふ易者(うらなひ)の言葉を思ひ出し」
[2] 平安時代円融天皇の代の年号。貞元(じょうげん)三年(九七八)一一月二九日に改元、天元六年(九八三)四月一五日に永観元年となる。関白は藤原頼忠。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天元の関連情報