コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天元 テンゲン

5件 の用語解説(天元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てん‐げん【天元】

万物生育のみなもとである、天の元気。
天子。君主。
碁盤の目の中央にある黒い星。
囲碁の七大タイトルの一。昭和51年(1976)創設。天元戦の勝者がタイトル手にする

てんげん【天元】[年号]

平安中期、円融天皇の時の年号。978年11月29日~983年4月15日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

てんげん【天元】

日本の元号(年号)。平安時代の978年から983年まで、円融(えんゆう)天皇の代の元号。前元号は貞元(じょうげん)。次元号は永観(えいがん)。978年(貞元3)11月29日改元。天変による凶兆を振り払うとともに、翌年が「陽五(ようご)」の厄にあたるために行われた(災異改元)。980年(天元3)7月、平安京は暴風雨に見舞われ、羅城(らじょう)門が倒壊した。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天元の関連情報