林産製品(読み)りんさんせいひん(英語表記)minor forest products

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林産製品
りんさんせいひん
minor forest products

山林から産出される製品。木材乾留製品が中心で,木材を熱分解して得られる木炭,木酢液木タール,木ガスなどがある。木炭は家庭用,業務用として料理など,工業用として乾燥,精錬その他に,木酢は木酢液として食品加工,防臭・防腐剤に,酢酸として食用,工業用に,木精として溶剤,メチルアルコールに,木タールはクレオソート油,燃料に,また木ガスは燃料に使用されるなど用途が広い。その他の林産製品としては,コルクガシ樹皮,あべまき樹皮などから得られるコルク (断熱材,リノリウム,履物など) ,行李柳 (柳行李,バスケット) ,籐 (椅子,ステッキ,家具) ,あけび (バスケット,土瓶敷) などがある。 (→林産物 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android