コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林産製品 りんさんせいひんminor forest products

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林産製品
りんさんせいひん
minor forest products

山林から産出される製品。木材乾留製品が中心で,木材を熱分解して得られる木炭,木酢液木タール,木ガスなどがある。木炭は家庭用,業務用として料理など,工業用として乾燥,精錬その他に,木酢は木酢液として食品加工,防臭・防腐剤に,酢酸として食用,工業用に,木精として溶剤,メチルアルコールに,木タールはクレオソート油,燃料に,また木ガスは燃料に使用されるなど用途が広い。その他の林産製品としては,コルクガシ樹皮,あべまき樹皮などから得られるコルク (断熱材,リノリウム,履物など) ,行李柳 (柳行李,バスケット) ,籐 (椅子,ステッキ,家具) ,あけび (バスケット,土瓶敷) などがある。 (→林産物 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

林産製品の関連キーワードアメリカン・キャン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android