コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行李柳 コリヤナギ

デジタル大辞泉の解説

こり‐やなぎ【×李柳】

ヤナギ科の落葉低木。水辺に栽培される。雌雄異株。春、葉の出る前に、黒みを帯びた雄花白毛を密生した雌花穂状につける。枝で柳行李(やなぎごうり)を編む。こぶやなぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こりやなぎ【行李柳】

ヤナギ科の落葉低木。湿地に生え、水田で栽培される。枝は長く伸び、広線形の葉を対生または三個輪生する。春、葉に先だって紫褐色の花穂をつける。若枝で行李などを編む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

行李柳 (コリヤナギ・コウリヤナギ)

学名:Salix koriyanagi
植物。ヤナギ科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

行李柳の関連キーワードイヌコリヤナギ(犬行李柳)ヤナギ(柳)中平重虎林産製品行李若枝水田対生湿地花穂

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android