コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林笠翁 はやし りゅうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林笠翁 はやし-りゅうおう

1700-1767 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)13年生まれ。林子平の父。幕臣で書物奉行をつとめる。元文5年ごろ同僚を殺害して江戸をはなれ,のち陸奥(むつ)仙台にうつる。笠翁の事績は真山青果の「林子平の父」(大正14年)ではじめて紹介された。明和4年6月21日死去。68歳。名は良通。通称は源五兵衛。随筆に「仙台間語」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林笠翁の関連キーワード浮世草子プリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争総合年表(アメリカ)ラマッツィニクレメンス11世川崎定孝古都アユタヤアユタヤ朝曲亭馬琴

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android