コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林笠翁 はやし りゅうおう

1件 の用語解説(林笠翁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林笠翁 はやし-りゅうおう

1700-1767 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)13年生まれ。林子平の父。幕臣で書物奉行をつとめる。元文5年ごろ同僚を殺害して江戸をはなれ,のち陸奥(むつ)仙台にうつる。笠翁の事績は真山青果の「林子平の父」(大正14年)ではじめて紹介された。明和4年6月21日死去。68歳。名は良通。通称は源五兵衛。随筆に「仙台間語」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林笠翁の関連キーワード浮世草子マイソール戦争川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴桂川甫筑茶税法カルロス[2世]キャラコ禁止法インド史

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone