コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林子平 はやし しへい

9件 の用語解説(林子平の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

林子平

江戸後期の経世家。江戸生。幕臣岡村良通の次男。名は友直、号に六無斎。著書の『三国通覧図説』『海国兵談』が幕府の忌諱に触れ、板木を没収され、禁錮に処せられた。和歌〈親も無し妻無し子無し板木無し、金も無ければ死にたくも無し〉と詠んで、不遇のうちに歿した。寛政5年(1793)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はやし‐しへい【林子平】

[1738~1793]江戸中期の経世家。江戸の人。名は友直。大槻玄沢宇田川玄随らと交遊。海外事情に通じ、蝦夷(えぞ)地開拓の必要性を説いたが、「三国通覧図説」「海国兵談」などが幕府の忌諱(きき)に触れ、蟄居(ちっきょ)を命ぜられた。寛政の三奇人の一人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

林子平【はやししへい】

江戸中期の経世(けいせい)論家。名は友直(ともなお)。幕臣岡村良通(よしみち)の子として江戸に生まれ,のち陸奥(むつ)仙台藩士となる。長崎に遊学,海外事情を学び,工藤平助桂川甫周らと交わった。
→関連項目海防論寛政改革経世家三国通覧図説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林子平 はやし-しへい

1738-1793 江戸時代中期-後期の経世家。
元文3年6月21日生まれ。幕臣林笠翁(りゅうおう)の次男。兄林嘉膳が陸奥(むつ)仙台藩につかえたため,仙台にうつる。藩に富国策を提出。江戸,長崎で大槻玄沢,オランダ人らに海外事情をきく。天明5年(1785)「三国通覧図説」,6年「海国兵談」をあらわし海防の必要を説くが,幕府の怒りにふれ蟄居(ちっきょ)となり,両書の板木は没収された。寛政5年6月21日死去。56歳。名は友直。号は六無斎。
【格言など】親もなし妻なし子なし板木なし金もなければ死にたくもなし(「六無の歌」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

林子平

没年:寛政5.6.21(1793.7.28)
生年:元文3.6.21(1738.8.6)
江戸後期の経世家。名は友直,号は晩年に六無斎。幕臣岡村良通の次男として江戸に生まれる。父が除籍され叔父の町医者林従吾に養われた。姉なおが仙台藩主伊達宗村の側室となり,兄嘉膳が仙台藩に仕えたため,子平も宝暦7(1757)年仙台に移住。子平は終生無禄厄介の身分であった。明和4(1767)年以来しばしば江戸に遊学し,工藤平助に兄事,大槻玄沢,桂川甫周 ら蘭学者と交わり,また安永7(1778)年の長崎遊学ではオランダ商館長アーレント・フェイトと知り合うなど,海外事情の吸収に努め,天明5(1785)年『三国通覧図説』を著し,朝鮮・琉球・蝦夷の地理民俗紹介とロシアへの防備策としての蝦夷地開発を説き,さらに6年『海国兵談』では「江戸の日本橋より唐,阿蘭陀迄境なしの水路」であると述べ,特に江戸湾防備を説いた。この2著は寛政4(1792)年幕府から弾圧され,版木没収,子平の仙台蟄居となり,翌5年不遇のうちに病死した。ロシアのラクスマンが根室に来航,通商を求めたのは子平蟄居の年であったことは象徴的である。<著作>『林子平全集』全5巻<参考文献>平重道『林子平その人と思想』

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はやししへい【林子平】

1738‐93(元文3‐寛政5)
江戸中期の経世論家。名は友直。幕臣岡村良通の次男で江戸の生れ。父が罪を得て除籍されたため,幼いころ町医者の叔父林従吾に養われた。1756年(宝暦6)兄嘉膳が仙台藩士に挙げられ,翌年仙台詰めとなったので,一家は仙台に移った。子平の身分は無禄厄介という不遇なものだったが,これを逆用して自由に出府し,あるいは長崎に赴くなどして見聞を広めた。江戸では工藤平助に兄事し,あるいは桂川甫周らの蘭学者と交わり,新知識を学んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はやししへい【林子平】

1738~1793) 江戸中期の経世家。江戸の人。名は友直。号、六無斎。仙台藩に経済政策などを進言。長崎に遊学し、また江戸で大槻玄沢・桂川甫周などの蘭学者と交遊。海外事情に通じ、「海国兵談」を著し海防の必要を説き、また「三国通覧図説」では蝦夷地の開拓を説いたが、幕府の忌諱ききに触れ禁錮。寛政三奇人の一人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林子平
はやししへい

[生]元文3(1738).6. 江戸
[没]寛政5(1793).6.21. 仙台
江戸時代中期の経世家。寛政三奇人の一人 (→蒲生君平 , 高山彦九郎 ) 。名は友直 (ともちか) 。儒者で幕臣だった岡村良通の二男。伊達家家臣の長兄のもとで同藩の工藤平助らと交際,のち江戸,長崎に遊学しオランダ商館や蘭学者の間に出入りして海外情勢に関する認識を深め,天明5 (1785) 年『三国通覧図説』を出版し,蝦夷地の経略を急いでロシアの南下政策に対処すべきであると海防論を力説した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林子平
はやししへい
(1738―1793)

江戸後期の経世家。「寛政(かんせい)の三奇人」の一人といわれ、奇行もあって知られる。幕臣岡村源五兵衛(げんごべえ)(1700―1767)の次子として、元文(げんぶん)3年6月21日江戸に生まれる。名は友直(ともなお)。父が浪人したので、兄嘉膳(かぜん)とともに叔父の林従吾(じゅうご)に養われ、林姓を名のる。兄が仙台藩に仕官することになり、1757年(宝暦7)仙台に居を移した。
 1764年(明和1)朝鮮使来聘(らいへい)を聞き、急に江戸に赴く。『仙台閑話』を著す。翌1765年、第一上書「富国建議」を、当時財政難に苦しんでいた仙台藩に提出し富国策を説いた。学制、武備、制度、地利、倹約などの9篇(へん)からなる。国政の第一は人材であり、人材は学問によって生ずるから、国政の第一は学政であるとした。「地利」では仙台藩の潜在的生産力を基に策をたて、武備=富国強兵は「国政の第一成事(なること)」とし、武士の土着を説いた点に先駆的特色がある。1775年(安永4)長崎に行き、オランダ人からロシア南下の形勢を聞き、国防の必要を痛感、地理学・兵学に志す。その後二度長崎に学び、江戸では大槻玄沢(おおつきげんたく)、宇田川玄随(うだがわげんずい)、桂川甫周(かつらがわほしゅう)ら蘭学(らんがく)者と交遊し、「国際的」感覚を身につけた。
 1777年『海国兵談』の稿をおこす。1785年(天明5)国防の見地から『三国通覧図説』を著し、朝鮮、琉球(りゅうきゅう)、蝦夷(えぞ)、小笠原(おがさわら)諸島の地理を記す。また「富国策」(上書)を藩に提出。翌1786年『海国兵談』6巻を完成、自費出版。海国日本にふさわしい国防体制、武備を説いた、外圧に対する先駆的著述である。この年ロシアの軍艦が蝦夷にきた。幕府は同書を体制を揺るがす危険の書とみなし、1792年5月、板木(はんぎ)・製本を没収、子平に仙台の兄宅での蟄居(ちっきょ)を命じ、12月囚人として江戸に送られた。このとき「親も無し妻無し子無し板木無し……」と詠んだ歌は有名。また「いろは歌」に「りひはただひいきの沙汰(さた)を取りのけて理の当然を明白にせよ」と詠んだあたり、近代的理性・知性の芽生えを感じさせる。寛政(かんせい)5年6月21日、不遇のうちに没。[塚谷晃弘]
『奈良本辰也校注『日本思想大系38 近世政道論』(1976・岩波書店) ▽『新編 林子平全集』全5巻(1978~1980・第一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の林子平の言及

【小笠原諸島】より

…その5年後江戸幕府は開拓をはかるが失敗,1727年(享保12)小笠原貞任の一族が渡島を試みたが帰還せず,長く無人島のまま放置された。 対外的危機を訴えた林子平や渡辺崋山,高野長英らにより,蝦夷地とともに開拓することが説かれたが,1823年(文政6)アメリカの船員が母島に上陸し,27年にはイギリスの艦船が父島に寄港して領有を宣言した。次いで30年(天保1)にはアメリカ人セボリーらがハワイ系住民20人をつれて移住し,53年(嘉永6)にはペリーが日本渡航のさい寄港してセボリーをアメリカの植民政府長官に任じ,貯炭所の敷地購入などを行った。…

【海国兵談】より

林子平がロシア勢力南下の情勢を踏まえて,対外的防備策を論じた兵書。全16巻。…

【海防論】より

…こうした水戸学の成立は,内外にたいする深刻な危機感が,徳川体制の中枢にまで浸透したことを示すものといえよう。
[軍備充実の重視]
 開鎖の議論と密接に関連して,軍備充実論が展開されるが,これを創唱したのは林子平の《海国兵談》(1786稿)である。日本は海国で,水路は世界に通じているから,その軍備は外寇に備えるものであるべきで,その要は水軍と大砲にあるとして,彼は洋式に倣って大船と大砲を充実するよう強調した。…

【寛政改革】より

…北方問題にはやくから重大な関心を寄せた幕府は,蝦夷地の地勢調査をするなど海防の緊要性を痛感していた。にもかかわらず,《三国通覧図説》《海国兵談》を著し海防の必要性を力説した林子平を処罰したのは,外交権や対外情報を独占している幕府の権威を侵すものと考えたからである。
[結果]
 以上のような寛政改革により,財政的にはわずかながら黒字に転じ,改革直前の深刻な財政危機を一応回避することができた。…

【三国通覧図説】より

…軍事地理書。林子平著。1冊,付図5葉。…

【蟄居】より

…岩倉具視は1862年(文久2)和宮降嫁を推進したことから尊攘派の糾弾するところとなり,辞官蟄居を命ぜられた。1792年(寛政4)《海国兵談》を著した林子平は兄嘉膳方に引き渡し在所において蟄居を命ぜられた。その他著名な事件としては,1839年(天保10)蛮社の獄に連座した渡辺崋山は主人家来に引き渡し在所において蟄居を命ぜられ,54年(安政1)佐久間象山,吉田松陰などもこの刑をうけた。…

※「林子平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林子平の関連キーワード紀定麿淡海玉潾長治祐義諦浄岡汝粛三好汝圭岡田芝斎亀田厳楽経世家経世秘策

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

林子平の関連情報