コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果心居士 かしんこじ

朝日日本歴史人物事典の解説

果心居士

生年:生没年不詳
戦国・安土桃山時代の幻術師。永禄~天正年間(1558~92)に奈良,京都,大坂など近畿地方で名を知られた。愚軒『義残後覚』によると筑紫(福岡県)の生まれとされるが,一説には奈良興福寺の生まれ。猿沢の池に散らした枯れ葉を魚に変えたり,洪水の幻影を人に見させたり,貴人宅や屋外で大魔術を演じたりしたと伝えられる。奈良多聞城の松永久秀の面前に久秀の亡妻の幻霊を呼び寄せ,豊臣秀吉に招かれた折には,秀吉の秘事を術によって露見させ,そのために捕らわれの身になったという。幻術は散学の一種として中国から渡来したものだが,果心も諜報収集や戦闘に術を使ったとする記録はなく,忍びの者ではなかったと思われる。

(名和弓雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の果心居士の言及

【幻術】より

…《唐会要》の〈水激して魚竜と化す〉,《傀儡子記》の〈沙石を変じて金銭と為す〉,《信西古楽図》の〈吐炎舞〉などがこれに当たる。秀吉時代には果心居士という幻術使いが名高く,切支丹たちも幻術を使うとされた。【西角井 正大】。…

※「果心居士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

果心居士の関連キーワード生年奇術

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android