コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝の主日 えだのしゅじつ

3件 の用語解説(枝の主日の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

えだのしゅじつ【枝の主日】

棕櫚しゆろの主日しゆじつ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

枝の主日【えだのしゅじつ】

棕櫚の主日〉〈聖枝祭〉〈受難の主日〉とも。復活祭直前の日曜日をいい,英語でPalm Sunday。キリストが受難に先立ちエルサレムに入城した際,民衆が枝をかざしてその凱旋(がいせん)を祝ったことを記念し,この日から聖週間が始まる。
→関連項目受難聖週間

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えだのしゅじつ【枝の主日 Palm Sunday】

イエス・キリスト復活の1週間前の日曜日のこと。〈棕櫚(しゆろ)の主日〉〈聖枝祭〉〈受難の主日〉ともいう。キリストのエルサレム入城(マタイ21:1~11,マルコ11:1~10,ルカ19:29~40,ヨハネ12:12~19)を祝して,4世紀以降,この日(聖週間の初日)に行列が行われるようになり,参加者たちはシュロオリーブなどの緑の枝を手に持った。エルサレム入城の美術表現は初期キリスト教時代(ユニウス・バッススの石棺など)に始まり,その詳細で説話的表現は14世紀イタリアドゥッチョ(《マエスタ》の背面パネル)などの作例に見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

枝の主日の関連キーワードアガペーイースター日曜新聞イエス・キリスト主日受難日曜主の日聖霊降臨日へその緒の日

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone