コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝条架式濃縮装置 しじょうかしきのうしゅくそうち

1件 の用語解説(枝条架式濃縮装置の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枝条架式濃縮装置
しじょうかしきのうしゅくそうち

5~6mの高さに枠を組み,これに竹の小枝を掛けた海水濃縮装置。ポンプで揚げた海水を上から掛け,流れ落ちる間に水分蒸発が行われることによって塩分が濃縮される。 16世紀頃からヨーロッパで使用され,日本でも幕末から明治期にかけて洋式製塩として試みられたが成功をみず,1950年代になって流下式塩田組合せる方式で普及した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枝条架式濃縮装置の関連キーワード声調竹馬竹箒枠組サニーゴ大樹の小枝軒高腰壁支柱養殖走高跳び

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone