コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枢密使 すうみつしShū mì shì

世界大百科事典 第2版の解説

すうみつし【枢密使 Shū mì shì】

中国の官制。唐代に宮中で内枢密使が任命され,表面にあらわれない形で軍事関係の謀議に参画して権力を振るった。五代になると表にあらわれて公式の機関として枢密院が設置され軍事に関するいっさいを扱い,行政全般を掌握する中書と併立し,あわせて二府と称された。枢密院の官僚は,五代以降普通の官僚が任命され,宋代では文官が任命され,その長官が枢密使,次官が枢密副使であったが,長官が知枢密院事と称されるときには次官は同知枢密院事,さらにその下が簽書(せんしよ)枢密院事と称された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

枢密使の関連キーワード枢密院[中国]五代十国韓世忠文彦博銭惟演趙匡胤韓琦富弼晏殊曹彬趙普

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android