コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏夾 カシワバサミ

デジタル大辞泉の解説

かしわ‐ばさみ〔かしは‐〕【××夾】

凶事・火事のような非常の場合、冠の(えい)を巻いて、白木の挟み木で留めること。
「直衣(なほし)に―にて供奉(ぐぶ)せらる」〈平治・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしわばさみ【柏夾】

非常の際などに冠の纓えいを折り畳んで、白木の挟み木でとめること。 「別当惟方、直衣に-にて供奉ぐぶせらる/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柏夾の言及

【冠】より

…これを巻纓冠(けんえいのかん)という。また文官でも,危急の場合には纓をたたんで夾木で止めることが行われ,これを柏夾(かしわばさみ)と称した。また天皇は烏帽子をかぶることがなかったから,内々では纓を巾子の上に引き起こし,檀紙(だんし)に穴をあけたものでこれを上から挿して止めておいた。…

※「柏夾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柏夾の関連キーワード直衣凶事

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android