コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合字 ごうじ

4件 の用語解説(合字の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

合字

2つ以上の文字を合成して、1つの文字としたもの。欧文組版では、特定のアルファベット組み合わせのときに、読みやすくする効果を狙って結合させることを合字と呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごう‐じ〔ガフ‐〕【合字】

ふつう2字の漢字や仮名などで書き表す語を1字で表記する文字。古文書や漢文訓読文などに使われた。「杢(木工)」「麿(麻呂)」「(こと)」「(トキ)」など。
ラテン文字などで、二つ以上の字を一つに組み合わせたもの。「æ」「Æ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごうじ【合字】

二つ以上の文字を合成して作った文字。「麿(麻呂)」「杢(木工)」、「?(トキ)」「?(こと)」、「 œ 」「 æ 」「fl」「ffi」など。あわせじ。合体字。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

合字

複数の文字を結合して一つにした文字.連字ともいう.写本の際に文字群を簡略に表記するために考案された.活字の場合は,æやfi,ffiのように2文字以上を合わせ一つの活字に鋳造する.アンパーサンド(&)は現在では記号として扱われているが,ラテン語etの合字が原形をとどめないほど変形したものである.和文では現在ほとんど使われていない.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合字の関連キーワード真仮名訓仮名五十音仮名字源書法代用漢字表記法本字分かち書き捨仮名

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合字の関連情報