コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合字 ごうじ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

合字

2つ以上の文字を合成して、1つの文字としたもの。欧文組版では、特定のアルファベット組み合わせのときに、読みやすくする効果を狙って結合させることを合字と呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごう‐じ〔ガフ‐〕【合字】

ふつう2字の漢字や仮名などで書き表す語を1字で表記する文字。古文書や漢文訓読文などに使われた。「杢(木工)」「麿(麻呂)」「(こと)」「(トキ)」など。
ラテン文字などで、二つ以上の字を一つに組み合わせたもの。「æ」「Æ」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうじ【合字】

二つ以上の文字を合成して作った文字。「麿(麻呂)」「杢(木工)」、「?(トキ)」「?(こと)」、「 œ 」「 æ 」「fl」「ffi」など。あわせじ。合体字。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

合字

複数の文字を結合して一つにした文字.連字ともいう.写本の際に文字群を簡略に表記するために考案された.活字の場合は,æやfi,ffiのように2文字以上を合わせ一つの活字に鋳造する.アンパーサンド(&)は現在では記号として扱われているが,ラテン語etの合字が原形をとどめないほど変形したものである.和文では現在ほとんど使われていない.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

合字の関連情報