コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏木貨一郎 かしわぎ かいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柏木貨一郎 かしわぎ-かいちろう

1841-1898 幕末-明治時代の古美術鑑定家。
天保(てんぽう)12年1月16日生まれ。幕府の大工棟梁(とうりょう)をつとめ,維新後,文部省博物館に勤務。明治5年町田久成らとともに正倉院,近畿地方古社寺宝物調査員となる。古美術や古書の鑑定にすぐれた。明治31年9月6日死去。58歳。江戸出身。名は政矩。号は探古斎。著作に「集古印史」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

柏木貨一郎

没年:明治31.9.6(1898)
生年:天保12.1.16(1841.2.7)
幕末明治期の工匠で古美術の鑑定家・収集家。諱は政矩,号は探古斎。慶応4(1868)年,幕府の小普請方棟梁の柏木家第9世を継ぐ。維新後は博物館行政に携わった。工匠として三井有楽町集会場のほか,政財界人の和風大邸宅や茶席を数多く手がけた。

(大川三雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

柏木貨一郎の関連キーワード讃岐国山田郡田図明治時代没年

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android