コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏淵蛙亭 かしぶち あてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柏淵蛙亭 かしぶち-あてい

1785-1835 江戸時代後期の漢詩人。
天明5年4月17日生まれ。北山幽桂,馬淵嵐山,秦滄浪(そうろう)らに詩文を,小原君雄,鬼島広蔭(きじま-ひろかげ)に国学をまなぶ。頼山陽らと親交をむすび,文政年間梁川星巌(やながわ-せいがん)らとともに美濃(みの)(岐阜県)大垣で白鴎社をおこした。天保(てんぽう)6年閏(うるう)7月25日死去。51歳。美濃出身。名は嘉一。通称は藤太夫。別号に修斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柏淵蛙亭の関連キーワードベルトレバルザックポー(Edgar Allan Poe)三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone