コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柘植善吾 つげ ぜんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柘植善吾 つげ-ぜんご

1842-1903 幕末-明治時代の武士,教育者。
天保(てんぽう)13年7月19日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。慶応3年藩最初の留学生として渡米。帰国後,宮本洋学校総轄(校長)となる。明治11年農商務省にはいり,駒場農学校長心得,福井県下の郡長などをつとめた。明治36年8月1日死去。62歳。名は信鋭。号は木石

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柘植善吾の関連キーワード明治時代教育者幕末武士天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android