コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柘植善太夫 つげ ぜんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柘植善太夫 つげ-ぜんだゆう

1841-1868 幕末の武術家。
天保12年生まれ。武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩士。真影流の剣,無辺無極流の槍をまなぶ。戊辰(ぼしん)戦争で新政府軍にしたがい,陸奥(むつ)白河口(福島県)の戦いで慶応4年5月1日戦死した。28歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柘植善太夫の関連キーワード幕末

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android