コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柘植善太夫 つげ ぜんだゆう

1件 の用語解説(柘植善太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柘植善太夫 つげ-ぜんだゆう

1841-1868 幕末の武術家。
天保12年生まれ。武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩士。真影流の剣,無辺無極流の槍をまなぶ。戊辰(ぼしん)戦争で新政府軍にしたがい,陸奥(むつ)白河口(福島県)の戦いで慶応4年5月1日戦死した。28歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

柘植善太夫の関連キーワード阿部元五郎梅沢武平大谷国次寺尾権平新納八郎二能美平吾樋口良好堀貞則森田三郎(1)横山英吉

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone