コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱房式採炭法 ちゅうぼうしきさいたんほうroom and pillar mining

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柱房式採炭法
ちゅうぼうしきさいたんほう
room and pillar mining

炭柱式採炭法 (→鉱柱 ) の一種で,炭層中に幅7~8m程度の広幅坑道を,間に同じ幅の長方形の炭柱を残しつつ掘進しながら採炭し,数十m進行したところで残した炭柱を採掘しつつ後退する採炭法。炭柱にはところどころ目抜きを設けて通気を行う。日本では特定の大規模な炭鉱で成功しているが,あまり広くは行われていない。掘進方向によりイギリス式,アメリカ式の別がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

柱房式採炭法の関連キーワード炭柱式採炭法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android