コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目抜き めぬきthirling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目抜き
めぬき
thirling

近接する2つの坑道 (主として入気坑道と排気坑道) を連絡するために,一定の間隔をおいて設けた立入や副坑道をいう (→探鉱坑道 ) 。通気の目的で設けられたものを,特に通気目抜きという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

め‐ぬき【目抜き】

[名・形動]目立つこと。中心的であること。また、そのさま。
「浜町の―な土地百坪ばかり」〈荷風腕くらべ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めぬき【目抜き】

特に目立つこと。また、そのような場所。 「町の-の土地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目抜きの関連キーワードニューヨークゲイプライドパレードムラビヨフアムールスキー通りフェズエルジェディド通りマドリードのスペイン広場ボージョーアウンサン通りレスタウラドーレス広場スベトランスカヤ通りパレサンビトレス通りグラフトンストリートコートニープレースワーズワースの生家クロワゼット大通り新潟シティマラソンハビブブルギバ通りケルントナー通りリベルダーデ通りゲディミナス通りプリンスィズ通りポンバル侯爵広場オーチャード通り

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android