コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱柱 こうちゅうore pillar

2件 の用語解説(鉱柱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱柱
こうちゅう
ore pillar

鉱体を採掘するときに採掘されずに残される鉱体(炭層)の部分をいう。残柱,竜頭ともいい,炭層の場合は炭柱という。地下に存在する鉱体を採掘するために切羽のほかに相互に関連づけられた組織的な坑道網を必要とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうちゅう【鉱柱 pillar】

竜頭あるいは残柱とも呼ばれる。鉱山において坑内の天盤または上盤を支え,坑道や採掘切羽を安全に維持するため,採掘せずに残して自然の柱にする鉱石部分。炭鉱の場合には炭柱という。規則正しく碁盤目状に鉱柱を残す方法と,比較的低品位の鉱石の部分を不規則に残す方法とがある。鉱柱の大きさや間隔などはその役目を十分に果たす限度内でできるだけ採掘実収率を高めるように選定されなければならず,各種の地圧測定器を使い地圧計算,強度計算をして科学的に処理される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone