コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱柱 こうちゅう ore pillar

2件 の用語解説(鉱柱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱柱
こうちゅう
ore pillar

鉱体を採掘するときに採掘されずに残される鉱体(炭層)の部分をいう。残柱,竜頭ともいい,炭層の場合は炭柱という。地下に存在する鉱体を採掘するために切羽のほかに相互に関連づけられた組織的な坑道網を必要とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうちゅう【鉱柱 pillar】

竜頭あるいは残柱とも呼ばれる。鉱山において坑内の天盤または上盤を支え,坑道や採掘切羽を安全に維持するため,採掘せずに残して自然の柱にする鉱石部分。炭鉱の場合には炭柱という。規則正しく碁盤目状に鉱柱を残す方法と,比較的低品位の鉱石の部分を不規則に残す方法とがある。鉱柱の大きさや間隔などはその役目を十分に果たす限度内でできるだけ採掘実収率を高めるように選定されなければならず,各種の地圧測定器を使い地圧計算,強度計算をして科学的に処理される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉱柱の関連キーワードアオイ(葵)感受性天泣回転計竜頭巻ベニオフゾーン筋交いテレコミュニケータートレード・マガジン蹄壁外層 (hoof varnish)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone