コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原愛子 やなぎわら なるこ

2件 の用語解説(柳原愛子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

柳原愛子

大正天皇生母、光愛の次女。明治天皇に仕え権典侍となる。薫子内親王・敬仁内親王の生母でもある。皇后宮御用掛となり従二位に進む。和歌に堪能で宮中歌会始めには三回選歌の栄に浴した。昭和18年(1943)歿、89才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳原愛子 やなぎわら-なるこ

1855-1943 大正天皇の生母。
安政2年4月17日生まれ。柳原前光(さきみつ)の妹。明治3年皇太后宮上臈(じょうろう)として宮中にはいる。早蕨内侍(さわらびのないし)と称し,5年から明治天皇につかえ,12年嘉仁(よしひと)親王(大正天皇)を生む。典侍にすすみ,大正8年正二位。二位局(つぼね)とよばれた。昭和18年10月16日死去。89歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の柳原愛子の言及

【柳原白蓮】より

…歌人。東京生れ。本名燁子(あきこ)。柳原前光の次女。叔母愛子(なるこ)は大正天皇の母。東洋英和女学校卒。北小路資武と離婚して九州の炭鉱王伊藤伝右衛門に再嫁。豪華奢侈(しやし)な暮しぶりで〈筑紫の女王〉と称されたが,1921年社会運動家宮崎竜介との恋愛,結婚で世上をにぎわした。短歌は佐佐木信綱に師事,情熱的歌人と評され35年より歌誌《ことたま》主宰。戦後,愛児香織の戦死を悼み〈国際悲母の会〉結成。【塩田 咲子】…

※「柳原愛子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柳原愛子の関連キーワード中山一位局大正高松宮秩父宮三笠宮嘉喜門院国の親皇太妃皇太夫人九条道実

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳原愛子の関連情報