コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原 白蓮 ヤナギワラ ビャクレン

20世紀日本人名事典の解説

柳原 白蓮
ヤナギワラ ビャクレン

大正・昭和期の歌人



生年
明治18(1885)年10月15日

没年
昭和42(1967)年2月22日

出生地
東京

本名
宮崎 燁子(ミヤザキ アキコ)

旧姓(旧名)
柳原 燁子(ヤナギワラ アキコ)

学歴〔年〕
東洋英和女学校〔明治43年〕卒

経歴
大正天皇の従妹にあたる。北小路資武と離婚後、筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門と再婚、“筑紫の女王”と呼ばれたが、大正10年社会運動家・宮崎龍介との世紀の恋愛で話題を呼び、12年宮崎と結婚。歌人としては明治33年佐佐木信綱の門に入り、大正4年「踏絵」を刊行。以後「幻の華」「紫の海」「地平線」を刊行したほか、詩集「几帳のかげ」、小説「荊棘の実」などを刊行。昭和10年歌誌「ことたま」を創刊して主宰。戦後は愛児香織の戦死をきっかけに“国際悲母の会”を組織し、平和運動などに関係した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

柳原 白蓮 (やなぎはら びゃくれん)

生年月日:1885年10月15日
大正時代;昭和時代の歌人
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

柳原 白蓮の関連キーワード伊藤伝右衛門(2)伊藤 伝右衛門柳原 前光宮崎 龍介久保より江柳原白蓮柳原前光林真理子日下結斗柳原初子昭和時代宮崎竜介生年月日真珠夫人村岡花子心の花竹柏会白蓮

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳原 白蓮の関連情報