コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川滄洲 やながわ そうしゅう

1件 の用語解説(柳川滄洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川滄洲 やながわ-そうしゅう

1666-1731 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文6年生まれ。摂津高槻(大阪府)の人。京都の木下順庵にまなび,師にしたがって江戸にゆき,室鳩巣(むろ-きゅうそう),新井白石らとまじわる。のち京都で柳川震沢(しんたく)に師事し,柳川姓をつぐ。のち本姓の向井に復した。享保(きょうほう)16年1月29日死去。66歳。名は三省。字(あざな)は子魯,魯甫。通称は小三次。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳川滄洲の関連キーワード買米火災保険大老上米各務支考沈南蘋菅沼デフォーマノンレスコー姚鼐

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone