コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川滄洲 やながわ そうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川滄洲 やながわ-そうしゅう

1666-1731 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文6年生まれ。摂津高槻(大阪府)の人。京都の木下順庵にまなび,師にしたがって江戸にゆき,室鳩巣(むろ-きゅうそう),新井白石らとまじわる。のち京都で柳川震沢(しんたく)に師事し,柳川姓をつぐ。のち本姓の向井に復した。享保(きょうほう)16年1月29日死去。66歳。名は三省。字(あざな)は子魯,魯甫。通称は小三次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柳川滄洲の関連キーワード宇野明霞向井滄洲儒者

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android