コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川滄洲 やながわ そうしゅう

1件 の用語解説(柳川滄洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川滄洲 やながわ-そうしゅう

1666-1731 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文6年生まれ。摂津高槻(大阪府)の人。京都の木下順庵にまなび,師にしたがって江戸にゆき,室鳩巣(むろ-きゅうそう),新井白石らとまじわる。のち京都で柳川震沢(しんたく)に師事し,柳川姓をつぐ。のち本姓の向井に復した。享保(きょうほう)16年1月29日死去。66歳。名は三省。字(あざな)は子魯,魯甫。通称は小三次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

柳川滄洲の関連キーワード常行石井暮四植村信安岡井黄陵小野忠常志水延清住吉広保太兵衛中尾槐市安見晩山