コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳条辺牆 りゅうじょうへんしょう Liu-tiao bian-qiang; Liu-t`iao pien-ch`iang

1件 の用語解説(柳条辺牆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳条辺牆
りゅうじょうへんしょう
Liu-tiao bian-qiang; Liu-t`iao pien-ch`iang

中国,清朝が満州に築いた防衛のための境界線の柵。長城の東端の山海関から北上して広寧の北を通って開原にいたり,1つはさらに北上して吉林に,1つは南下して興京の東を通り,鴨緑江河口の西の海岸に達するものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柳条辺牆の言及

【吉林[省]】より

…明末以後満州族の南下,清王朝の成立の結果,満州族は大量に南遷し,また祖宗の地には漢族を流入させないよう封禁(ふうきん)政策をとったため,農地は荒廃した。特に長白山地地域は,ニンジン採取と狩猟場とされ,また東豊,海竜,輝南,盤石一帯は清の囲場とされたし,松花江沿岸の法特から長春の南,開原県北東を経て山海関に至る〈柳条辺牆〉の西方がモンゴル族の牧地とされ,東に越えることは許されなかった。だが封禁政策は必ずしも厳守されたわけでなく,華北の窮民で東北に流出するものは後を絶たず,モンゴルの王公も18世紀末には長春一帯で漢族農民に農地開墾をさせるようになり,1799年(嘉慶4)には清朝の政府も既成事実を認めて,長春庁を置き,範囲を定めて開墾を許すことになった。…

※「柳条辺牆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柳条辺牆の関連キーワード封禁防衛出動薄地野堡釐金税動的防衛力平和のための防衛大博覧会境界杭=境界石清朝の満州語公文書界壕

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone