柴田侑宏(読み)しばた ゆきひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田侑宏 しばた-ゆきひろ

1932- 昭和後期-平成時代の演出家。
昭和7年1月25日生まれ。昭和33年宝塚歌劇団にはいり,36年「河童あまっこ」でデビュー。山本周五郎原作「小さな花がひらいた」,「万葉集」ほかに取材した「あかねさす紫の花」など日本物ミュージカルの分野を開拓。また「誰がために鐘は鳴る」なども演出。平成10年菊田一夫演劇賞。大阪出身。関西学院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴田侑宏の関連情報