柴田侑宏(読み)しばた ゆきひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田侑宏 しばた-ゆきひろ

1932- 昭和後期-平成時代の演出家。
昭和7年1月25日生まれ。昭和33年宝塚歌劇団にはいり,36年「河童あまっこ」でデビュー。山本周五郎原作「小さな花がひらいた」,「万葉集」ほかに取材した「あかねさす紫の花」など日本物ミュージカルの分野を開拓。また「誰がために鐘は鳴る」なども演出。平成10年菊田一夫演劇賞。大阪出身。関西学院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴田侑宏の関連情報