コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田侑宏 しばた ゆきひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田侑宏 しばた-ゆきひろ

1932- 昭和後期-平成時代の演出家。
昭和7年1月25日生まれ。昭和33年宝塚歌劇団にはいり,36年「河童あまっこ」でデビュー。山本周五郎原作「小さな花がひらいた」,「万葉集」ほかに取材した「あかねさす紫の花」など日本物ミュージカルの分野を開拓。また「誰がために鐘は鳴る」なども演出。平成10年菊田一夫演劇賞。大阪出身。関西学院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴田侑宏の関連キーワード川霧の橋 山本周五郎作「柳橋物語」「ひとでなし」より情熱のバルセロナ スタンダール作「パルムの僧院」より凱旋門 エリッヒ・マリア・レマルクの小説による真紅なる海に祈りを アントニーとクレオパトラ新源氏物語 田辺聖子作「新源氏物語」よりときめきの花の伝説 スタンダール作より黒い瞳 プーシキン作「大尉の娘」よりチェーザレ・ボルジア 野望の軌跡大江山花伝 燃えつきてこそエストレリータ 愛の星くず飛鳥夕映え 蘇我入鹿花の業平 忍ぶの乱れ激情 ホセとカルメンエーゲ海のブルース琥珀色の雨にぬれてバレンシアの熱い花あしびきの山の雫に天守に花匂い立つヴェネチアの紋章哀しみのコルドバ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android