コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柵瀬軍之佐 さくらい ぐんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柵瀬軍之佐 さくらい-ぐんのすけ

1869-1932 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
明治2年1月15日生まれ。柵瀬信六郎の3男。「東京毎日新聞」編集長などをへて実業界にうつる。明治38年柵瀬商会を創設。また台湾商工銀行,台湾瓦斯(ガス)などの重役をつとめる。41年衆議院議員(当選6回,民政党)。昭和7年8月28日死去。64歳。陸中磐井郡(岩手県)出身。英吉利(イギリス)法律学校(現中央大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柵瀬軍之佐の関連キーワード藩学一覧清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android