コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柵跡 さくあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柵跡
さくあと

古代の東北地方にみられる城柵。文献上では,『日本書紀大化3 (647) 年条に,今日の新潟県に渟足 (ぬたり) 柵が造られたという記事が初見である。次いで8~9世紀初頭にかけて柵の構築がみられる。その多くは,蝦夷に対する大和朝廷の軍事的,政治的拠点であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

柵跡の関連キーワード秋田県横手市雄物川町沼館宮城県登米市米山町中津山岩手県胆沢郡金ケ崎町西根秋田県横手市金沢中野出雲国山代郷遺跡群秋田県大仙市払田バンクーバー城輪柵遺跡平野山窯址会下山遺跡仙北[町]堂の前遺跡払田柵遺跡衣川〈村〉酒田(市)秋田(県)大崎(市)横手(市)伊治城跡城輪柵跡

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柵跡の関連情報