コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栖原角兵衛(6代) すはら かくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栖原角兵衛(6代) すはら-かくべえ

1753-1817 江戸時代中期-後期の商人,漁業家。
宝暦3年生まれ。松前藩より蝦夷(えぞ)地(北海道)の「場所」(アイヌとの交易地の意)の経営をうけおう,場所請負人となる。天明6年天塩(てしお)場所を,ついで留萌(るもい),苫前(とままえ),十勝(とかち)場所をうけおう。文化14年9月6日死去。65歳。名は茂則。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栖原角兵衛(6代)の関連キーワード商人後期

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android