留萌(読み)るもい

精選版 日本国語大辞典「留萌」の解説

るもい【留萌】

[一] 北海道北西部の地名。日本海に面する。慶長年間(一五九六‐一六一五松前藩交易場、ルルモッペ場所を開設。昭和一一年(一九三六開港留萌炭田を控えて、石炭木材積出港となる。ニシン漁業でも知られた。近年水産加工業が盛ん。同二二年市制。
[二] 北海道一四支庁の一つ。日本海に面する。大正三年(一九一四)増毛支庁が改称成立。支庁所在地は留萌市

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「留萌」の解説

るもい【留萌】

北海道北西部、天塩山地の西を占める振興局。局所在地は留萌市。
北海道北西部、日本海に面する市。留萌振興局所在地。ニシン漁や石炭・木材の積み出しで発展した。水産加工業が盛ん。人口2.4万(2010)。
[補説]留萌川をさすアイヌ語「ルル‐モ‐オッ‐ペ」(潮の静かなもの)、あるいは「ルル‐パ‐モイ」(海のかみてにある湾)からといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android