コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原信近 くりはら のぶちか

1件 の用語解説(栗原信近の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原信近 くりはら-のぶちか

1844-1924 明治時代の殖産家。
天保(てんぽう)15年9月21日生まれ。甲斐(かい)穴山村(山梨県韮崎(にらさき)市)の名主。維新後は区長,区長総代理をつとめる。興益社(のちの第十国立銀行),富士川運輸,農産社などを設立し,地域の発展につくす。のち報徳社運動を展開した。大正13年6月14日死去。81歳。通称は伝左衛門。号は紫山樵夫,悟園耕夫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栗原信近の関連キーワード曲芸高校野球父を売る子フランス映画井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone