コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗原信近 くりはら のぶちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗原信近 くりはら-のぶちか

1844-1924 明治時代の殖産家。
天保(てんぽう)15年9月21日生まれ。甲斐(かい)穴山村(山梨県韮崎(にらさき)市)の名主。維新後は区長,区長総代理をつとめる。興益社(のちの第十国立銀行),富士川運輸,農産社などを設立し,地域の発展につくす。のち報徳社運動を展開した。大正13年6月14日死去。81歳。通称は伝左衛門。号は紫山樵夫,悟園耕夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

栗原信近の関連キーワード佐竹作太郎佐藤 森三小野金六佐藤森三明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android