コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗崎道有(2代) くりさき・どうう

1件 の用語解説(栗崎道有(2代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

栗崎道有(2代)

没年:享保11.10.20(1726.11.13)
生年:万治3(1660)
江戸中期の外科医。名は正羽,字は道仙。父正家(初代道有)は正元(初代道喜)の4男で,長崎系栗崎流の医家。伯父・正勝(2代道喜)の高弟鳥飼道節について栗崎流外科を全うし,幕府に召されて官医となる。道有を襲名,以後子孫は代々この名を襲名し,栗崎流は楢林,吉雄の両家と共に長崎外科の三家と称された。元禄14(1701)年吉良義央の殿中刃傷事件の際,応急の手当てをしたことで知られる。江戸で没し,牛込・万昌院に葬られた。<参考文献>「山脇系譜」(『高浜町誌資料』6号)

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗崎道有(2代)の関連キーワード竹川政辰畑中銅脈平蕉斎藤山惟熊釈祐照外科医整形外科医桂秀馬栗崎道有村井古道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone