コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシミリアン2世 マクシミリアンにせいMaximilian II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシミリアン2世
マクシミリアンにせい
Maximilian II

[生]1527.7.31. ウィーン
[没]1576.10.12. レーゲンスブルク
ボヘミア王 (在位 1562~76) ,ハンガリー王 (在位 63~76) ,神聖ローマ皇帝 (在位 64~76) 。フェルディナント1世の子。 1548年皇帝カルル5世の娘マリアと結婚。若くしてルター派の影響を受け,宗教的にはきわめて寛容で,新旧両派の調停に努めたが,プロテスタント諸侯の支持を得られず,62年カトリックに復帰。同年ボヘミア王となり,63年ハンガリー王,64年以降神聖ローマ皇帝となった。国内の宗教的・政治的対立に対処したが成功せず,国外ではトルコとの戦いに敗れ,またポーランド王位獲得も成功しなかった。しかし芸術家,学者を保護し,ウィーン大学を支援,書物を収集し,文化の振興に尽力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マクシミリアン2世の関連キーワードマク氏黎朝崇元寺酒井忠次守礼門高三隆達フェリペマールブルク李贄黎朝

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone