マクシミリアン2世(読み)マクシミリアンにせい(英語表記)Maximilian II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシミリアン2世
マクシミリアンにせい
Maximilian II

[生]1527.7.31. ウィーン
[没]1576.10.12. レーゲンスブルク
ボヘミア王 (在位 1562~76) ,ハンガリー王 (在位 63~76) ,神聖ローマ皇帝 (在位 64~76) 。フェルディナント1世の子。 1548年皇帝カルル5世の娘マリアと結婚。若くしてルター派の影響を受け,宗教的にはきわめて寛容で,新旧両派の調停に努めたが,プロテスタント諸侯の支持を得られず,62年カトリックに復帰。同年ボヘミア王となり,63年ハンガリー王,64年以降神聖ローマ皇帝となった。国内の宗教的・政治的対立に対処したが成功せず,国外ではトルコとの戦いに敗れ,またポーランド王位獲得も成功しなかった。しかし芸術家,学者を保護し,ウィーン大学を支援,書物を収集し,文化の振興に尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マクシミリアン2世

生年月日:1662年7月11日
バイエルン選帝侯(1679〜1726)
1726年没

マクシミリアン2世

生年月日:1527年7月31日
神聖ローマ帝国皇帝(在位1564〜76)
1576年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクシミリアン2世の関連情報