栗田源左衛門(読み)くりた げんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗田源左衛門 くりた-げんざえもん

1828-1865 幕末の武士。
文政11年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。尊攘(そんじょう)派に属し,元治(げんじ)元年筑波山(つくばさん)挙兵(天狗(てんぐ)党の乱)にくわわる。那珂湊(なかみなと)で幕府軍とたたかい,武田耕雲斎の指揮のもと京都にむかう途中,加賀金沢藩に降伏。元治2年2月15日敦賀(つるが)で処刑された。38歳。名は好明。変名は原竜之介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android