栗葉蘭(読み)クリハラン

精選版 日本国語大辞典の解説

くりは‐らん【栗葉蘭】

〘名〙 シダ類ウラボシ科の常緑多年草。関東以西の山地の沢沿いの林下に生える。茎は暗褐色の鱗毛を密布した太い針金状で地表をはい、大きな葉をまばらに出す。葉は長さ一五~四〇センチメートルの長楕円形で黒みを帯びた緑色、基部は狭くなり柄がある。葉の裏面の中脈に沿って円形の胞子嚢群をつける。漢名、水石韋。うらぼし。ほしひとつば。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる