株を守って兎を待つ(読み)しゅをまもってうさぎをまつ

精選版 日本国語大辞典「株を守って兎を待つ」の解説

しゅ【株】 を 守(まも)って兎(うさぎ)を待(ま)

(「韓非子‐五蠹」の「守株」の故事による) いつまでも旧来風習、方法にとらわれて、新風に気づかないでいることのたとえ。また、考えが固定して応用のきかぬたとえ。
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一五「株(シュ)を守(マモ)って(ウサギ)を待(マ)つと、等しく一様の大律に支配せられる」 〔梁武帝‐囲棊賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android