守株(読み)シュシュ

デジタル大辞泉「守株」の解説

しゅ‐しゅ【守株/株守】

[名](スル)いたずらに古い習慣をって、時に応じた物事の処理ができないこと。うさぎが走って来て木の切りに当たって死んだのを見たの農民が、仕事を投げ捨てて毎日切り株を見張ったものの、ついに兎は捕れなかったという「韓非子」の故事による。くいぜを守る。
「一主義一学説を―するは」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

故事成語を知る辞典「守株」の解説

守株

[参照] 株を守りて兎を待つ

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

普及版 字通「守株」の解説

【守株】しゆしゆ

株を守ってを待つ。変通をしらぬ愚かなたとえ。〔韓非子、五蠹宋人(そうひと)にり。田中に株り。走りて株に觸れ、頸(くび)を折りて死せり。因りて其の(すき)を釋(す)てて株を守り、復(ま)たを得んことを冀(ねが)ひしも、復た得べからず。身は宋國の笑ひと爲れり。

字通「守」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android