守株(読み)シュシュ

  • 守▽株/▽株守

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)いたずらに古い習慣を守って、時に応じた物事の処理ができないこと。兎(うさぎ)が走って来て木の切り株に当たって死んだのを見たの農民が、仕事を投げ捨てて毎日切りを見張ったものの、ついには捕れなかったという「韓非子」の故事による。株(くいぜ)を守る。
「一主義一学説を―するは」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android