コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守株/株守 シュシュ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しゅ【守株/株守】

[名](スル)いたずらに古い習慣を守って、時に応じた物事の処理ができないこと。兎(うさぎ)が走って来て木の切り株に当たって死んだのを見たの農民が、仕事を投げ捨てて毎日切りを見張ったものの、ついに兎は捕れなかったという「韓非子」の故事による。株(くいぜ)を守る。
「一主義一学説を―するは」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅしゅ【守株】

( 名 ) スル
〔韓非子 五蠹
いつまでも古い習慣にこだわること。進歩がないこと。 「 -の愚」 「一主義一学説を-するは/社会百面相 魯庵」 → くいを守る

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

守株/株守の関連キーワード主・修・取・守・手・朱・株・殊・狩・珠・種・繻・腫・衆・趣・酒・須・首株を守りて兎を待つ株を守る中島黙池

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android